2006年04月23日

野菜作りをはじめたわけ

どうして私がプランターで野菜作りをしようと思ったのか。
それは自分の職業が深く関係しています。

私の職業は保育士です。
プランターで野菜作り2年生、と言っているけれど
実は以前にも仕事の中でプランターで野菜作りをしたことがあるのです。
自分だけで、プライベートでの野菜作りが2年生。
(永田農法でやるのは、正真正銘2年生だけれど)
数年前、2年間私は幼児クラスで子どもたちと一緒に野菜作りをしました。
そのとき育てたのは、
ミニトマト、ナス、キュウリ、オクラ、サツマイモ、スイカ、
それからコメ(コメは発泡スチロールの箱で育てました)。
どの野菜もまぁまぁよく育ち、獲れたての野菜を給食室で調理してもらったり
子どもたちに持って帰ってもらったりしました。
暑くなってからの野菜の成長の早さには驚かされたなぁ。
そうそう、キュウリをもぐと、先から水分が溢れてくるんだと知ったのはその時。
そういえば、キュウリのぶつぶつを見て「水ぼうそうだね」といった子が
いたなぁなんて今急に思い出してしまいました。
その数日前、「ちいさいももちゃん」(松谷みよ子作)を
クラスで読み聞かせしたのだけれど
そこにきゅうりのぶつぶつを水ぼうそうに見たてたお話があったのです。
…なんて、話がずれてしまいましたが、まぁ、そういうわけで
一応野菜作りを2年間したのでした。
水遣りや、野菜のコンディションチェックはもちろん毎日していたけれど
野菜作りに詳しい先輩の助けをかなり借りた野菜作りだったなぁと思います。

それから幼児担任をしていないので保育園で野菜作りは以来していません。
でも去年ふと、次に幼児担任をしたときの為に
家でも野菜を作って野菜作りに慣れてみよう。
そう思ったのが「プランターで野菜作り」を始めたきっかけです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。