2006年05月23日

食育ってなに?

最近、保育の世界では「食育」がクローズアップされることが増えてきた。
これは保育だけでなく教育や福祉などの分野でも同じだろうと思う。
ご他聞にもれず、私の勤める園でも最近「食育」という言葉が
聞かれるようになってきた。

「食育」って今凄く大事なんだそうだ。
実際、そうだと思う。
でも、大事大事って言いながら
「園で育てた野菜を生で食べちゃダメ」
ってどういうことなんだ!!と思う。
食中毒が怖いから、生のものは食べさせちゃダメなんだそうだ。
自分達で育てた野菜をその場で、生で食べられなくて
それのどこが「食育」なの…?
「トマトも、キュウリも、湯通ししてから食べさせて」
って、それじゃあ育ててる意味が半減だよ…。
確かに野菜が育っていく姿を目の当たりにして
「野菜ってこういうものなんだ」っていうことは体験できると思う。
けど、最後の最後で台無し。
って思うのは私だけじゃないと思うんだけれど。

第一、採れたて野菜で食中毒って、ありうるのかな?
もしあったとしたらそれは「子ども達の身体がなんだかヘン」ってことじゃないの?
採れたての野菜でお腹を壊すなんて、動物としておかしいんじゃないかのな?

結局、もし何かあったとき、何か親からクレームがついたとき。
「責任取る」
っていうことが重くのしかかってがんじがらめになってる気がする。
私だって、ここでこんなこと言っているけど
結局組織の中で表立って主張することはなかなかできない。
多分、「ホントはいけないんだけどね」って言いながら
こっそりミニトマトを生で食べさせる位しかできないんだろうな。
でも、「ホントはいけない」の「ホント」って一体なんだろう。
それは偽物の「ホント」じゃないのかな。
なんだか、表立ってはっきり主張できない自分も含めて
とても不甲斐ない…。

この記事へのコメント
ブログを覗いてください
環境保護や農業、自然、病気、育児・・・過去には食育の記事も書いています
宮沢賢治の作品と生き方をベースにのんびり自然体で行こうじゃないかという趣旨のブログです

よろしく(*^_^*)
Posted by カスタード at 2006年05月28日 13:54
あれ・・・?
ホームページアドレス書き忘れたかも
今一度
http://kenjinokaze.livedoor.biz/
です
Posted by カスタード at 2006年05月28日 13:57
こんにちは。
宮澤賢治の作品や詩は、なんどか歌ったことがあります。
お互い、地道にブログ活動を続けていきましょう。
Posted by きよ at 2006年06月07日 23:35
はじめまして。
ほぼ日で紹介されてるのをみて、遊びにきました。

私は今、エジプトで保育に携わってます。日本と比べ何にでも手間ひまかけているエジプトに住んで、自分ももっと手間ひまかけて生きていってもいいんじゃないか、と思うようになりました。

ということで、自分で食べる野菜を自分で作るって楽しそうと思っているわけです。

きよさんは、同じ保育士ってこと、歌も歌ってらっしゃるということで(私も合唱暦は長いんです〜)、なんだか嬉しくなってコメントしてしまいました。

長くなってゴメンナサイ。おヒマなときにでも、私のブログにも遊びに来てくださいね。
Posted by ハーラ at 2006年06月11日 03:47
ハーラさん、はじめましてこんにちは。
そしていらっしゃいませ。
時々職場に保育職での海外派遣のお知らせが来るのですが
自分にはとても海外で働くという気概がなく…。
エジプトの保育ってどういう風なんだろうと興味があります。
ハーラさんのブログにもまた、お邪魔させてもらいますね。

歌は、私は元々芝居畑から歌畑に足をつっこんだ人間でして、
今はジャンルで言うと一応オペラをやっております。
合唱も、中学のときたくさん歌って、好きですよ。

よろしかったら、またこのブログに遊びに来てくださいね。
Posted by きよ at 2006年06月12日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。