2006年06月14日

ミニトマト一考

私が勤めている保育園で育てている野菜の中にミニトマトがあります。
とは言え、私自身は一番小さい乳児クラスの担当なので
野菜作りには基本的にノータッチなんですけどね。
(でも時々様子を見ては脇目を摘んだりしています)
今日はそのミニトマトについて一考。

実はウチの園のミニトマト、
小さい畑(畳1畳もない位)に植えられているものと
雨の当たらないベランダに置かれているプランター育ちのものは順調に育っているのに、
雨ざらしのプランター育ちのは一様に皆成長が思わしくない。
苗は同じ時期同じ場所で購入したものです。
この違いはなに…?
ということで私なりに原因を考えてみたのです。

@雨に当たり過ぎた
 永田農法の教えからすると、これが原因では?!
 5月に雨が多かったし。
 でも、同じように雨に当たっている小さい畑のほうは元気なんだよなぁ…。

A子どもに触られまくった
 プランターが、大変子どもの目につきやすい所に置いてあるので。
 幼児の担任からもそんなような目撃談が寄せられていたし。

う〜ん…。
結局、断定はできないんですけどね。
何はともあれ雨ざらしプランターの苗はなんだか黒くて
丈も全然大きくならないし心配です。
けど、一応小さな実がついているらしい。
今後どうなっていくのが、ひそかにこれからも観察していこうと思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。